Technology
The choice The Helmholine system The time domain Ceramic drivers Construction
       
The time domain 〜 時間領域(タイムドメイン)
スピーカーシステムから放射される信号の時間的整合性の維持は、電気音響の分野において技術者やデザイナー間で今も議論や論争の対象となる技術的なテーマです。  
その一方で、音響効果や実際の知覚に関しては極めて重要なテーマです。  
この問題を現実的に考慮しているメーカーはほとんどなく、少数派であってもALBEDOにとってこの課題を突きつめることは当然のことでした。  
時間的整合性を実現するスピーカーシステムの設計自体は、理論的側面からはさほど達成困難な課題には見えませんが、現実的には、設計で考慮しなければならないドライブユニットの配置や機械的な剛性の確保等、難問が山積しています。  
シンプルな解決策を見つけ出すのは簡単ではありません。  
ユニットの選定は、エンクロージュア設計における美的要素と共に決定的な要因となります。  
結果、時間領域において深い理解が不足していたことも加えて、あたかも音楽の本質は音楽信号の時間的整合を実現した再生とは無関係かのようにこの問題を無視し、さらには問題自体の存在を否定する人々を多数生み出してしまったのです。  
優れたアンプ、ソース、コンバーターはしばしば、スピーカーシステムのインパルス応答特性が単に不十分ということだけで、本来の性能を発揮することができません。  
可能な限り最高の時間的整合性を実現するという目標は、ALBEDO の設計チームにとっては常に最優先に考慮され、それは精緻なネットワークやスピーカーシステムを構成するパーツのメカニカルな最適化と幾何学的な配置によって、音楽信号の過渡特性に完璧に忠実な再生を実現したのです。  

Delay effect on acoustical phase measurements.